塒を巻く(読み)トグロヲマク

デジタル大辞泉の解説

塒(とぐろ)を巻・く

蛇などがからだを渦巻き状に巻く。
何人かが特に何をするでもなく、ある場所に集まっている。「若者たちが道の端で―・いている」
ある場所に腰をすえて、動かないでいる。「スナックで―・いて帰ろうとしない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とぐろをまく【塒を巻く】

蛇がからだを渦巻状に巻いてわだかまる。
何人かが、特に用もないのにたむろしている。
腰を落ち着けて動かなくなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とぐろ【塒】 を 巻(ま)

① 蛇などが渦巻状に巻いてわだかまっている。比喩的にも用いる。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)三「ヤアこの板子(いたご)の下に、とぐろをまいてゐるハ。ソリャそっちのほうへいった」
※異郷(1973)〈加賀乙彦〉「行列は駅の構内で何回かとぐろを巻いた末に外に伸び」
② 何人かの人が、ある場所に集まって長時間いる。腰を落ちつけて動かなくなる。
※浅草(1931)〈サトウハチロー〉不良少年時代の僕「僕達ヱンコの不良少年達は、幾つかのテーブルをセンリャウしてとぐろを巻(マ)いてゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる