コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塗覆装 とふくそう

世界大百科事典 第2版の解説

とふくそう【塗覆装】

金属材料の防食法の一種で,環境と材料との絶縁を目的とした方法。防食塗装が通常5~7年,重防食塗装で15年程度の寿命であるのに対し,20年以上の防食効果をもたせるために,通常はあらかじめ製膜してある有機質被覆材料のシートやメンブレン(皮膜)をライニング加工する。防食対象となるのは地中埋設パイプライン,石油貯蔵用タンク,海洋構造物(とくに腐食の激しい飛沫帯や干満帯が対象となる),建材の外装などである。シート材料としてはナイロン,エポキシ樹脂,塩化ビニル樹脂,フッ素樹脂,塩素化ポリエーテル,天然ゴム,ネオプレン,フッ素ゴムなどが用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android