コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塚原直貴 つかはら なおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塚原直貴 つかはら-なおき

1985- 平成時代の陸上競技選手。
昭和60年5月10日生まれ。種目短距離。東海大付属第三高時代,平成15年インターハイの100m,200mで優勝した。18年アジア大会100mで銀メダル。20年北京五輪代表となり,100m準決勝進出,400mリレーでは第1走者として銅メダルを獲得して五輪男子陸上史上初のメダリストとなる。富士通所属。長野県出身。東海大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

塚原直貴の関連キーワード陸上競技

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塚原直貴の関連情報