コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩シタミ座 しおしたみざ

世界大百科事典 第2版の解説

しおしたみざ【塩シタミ座】

室町時代,奈良興福寺の大乗院を本所とし,同院所属の正願院塩座問屋から仕入れた塩を奈良で振売していた塩の小売商人集団。文明年間(1469‐87)には,元興寺郷中院・紀寺・脇戸・浄土・井上・高畠・丹坂・廊ノ辻子・池ノハタ・今窪・鵲・福院などに分散居住しながら,ひとつの座衆として行動していた。本座問屋の塩を受けて箕(み)に入れてかつぎ,振売して歩いたことからシタミ・下箕座とよばれた。このように当初は振売・行商に限られていたが,1466年(文正1)ごろには屋内で塩を売っているとして本座から訴えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android