コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩シタミ座 しおしたみざ

1件 の用語解説(塩シタミ座の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しおしたみざ【塩シタミ座】

室町時代,奈良興福寺の大乗院を本所とし,同院所属の正願院塩座問屋から仕入れた塩を奈良で振売していた塩の小売商人集団。文明年間(1469‐87)には,元興寺郷中院・紀寺・脇戸・浄土・井上・高畠・丹坂・廊ノ辻子・池ノハタ・今窪・鵲・福院などに分散居住しながら,ひとつの座衆として行動していた。本座問屋の塩を受けて箕(み)に入れてかつぎ,振売して歩いたことからシタミ・下箕座とよばれた。このように当初は振売・行商に限られていたが,1466年(文正1)ごろには屋内で塩を売っているとして本座から訴えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塩シタミ座の関連キーワード尋尊大乗院大乗院寺社雑事記一乗院孝覚幸守孝信巨勢永有巨勢光康隆禅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone