塩浜(読み)しおはま

精選版 日本国語大辞典「塩浜」の解説

しお‐はま しほ‥【塩浜】

〘名〙 (「しおばま」とも) 海水を日光に干して塩をつくるための砂塩田(えんでん)。塩場。
※常陸塙不二丸氏文書‐嘉祿三年(1227)六月六日・関東下知状案「当郷・同塩浜事、〈略〉亡祖則親且為神用、且為子孫、所申立当社領也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android