塩浜(読み)シオハマ

精選版 日本国語大辞典の解説

しお‐はま しほ‥【塩浜】

〘名〙 (「しおばま」とも) 海水を日光に干して塩をつくるための砂塩田(えんでん)。塩場。
※常陸塙不二丸氏文書‐嘉祿三年(1227)六月六日・関東下知状案「当郷・同塩浜事、〈略〉亡祖則親且為神用、且為子孫、所申立当社領也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩浜の関連情報