コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩田真 しおだ まこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩田真 しおだ-まこと

1837-1917 明治-大正時代の工芸研究家。
天保(てんぽう)8年生まれ。明治6年ウィーン万国博,9年フィラデルフィア万国博にワグネル,納富介次郎らと派遣され,日本の美術工芸を紹介。この間,江戸川製陶所を開設して,ヨーロッパの製陶技術を研究。「府県陶器沿革陶工伝統誌」を編集した。大正6年2月12日死去。81歳。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

塩田真の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))牧野省三有島武郎チャップリンTGE-A型 軍用保護自動貨車アポリネールランデールストーンロサンゼルス・タイムズ三菱A型

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android