塵劫(読み)ジンコウ

  • ×塵×劫
  • じんこう ヂンコフ
  • じんこう〔ヂンコフ〕

大辞林 第三版の解説

じんごうとも
「塵点劫じんでんごう」の略。きわめて長い時間。永劫。
きわめて小さい数(塵)と、きわめて大きい数(劫)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「じんごう」とも) 仏語。
① 塵点劫(じんでんごう)のこと。また転じて、はかりしれないほどの長い年代。永劫。
※三代実録‐貞観元年(859)四月「故能感通之理、紛綸於沙界、報施之途、昭彰於塵劫者矣」
※十善法語(1775)二「塵劫久遠成道の如来は不殺生戒のあらはるるところなり」 〔斉書‐顧歓伝〕
② 俗世間。世の汚れ。
※随筆・山中人饒舌(1813)下「噫名書名画有何罪而遭遇若人、罹是塵劫乎」
③ きわめて小さい数(塵)ときわめて大きい数(劫)。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android