コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墓木已に拱す ボボクスデニキョウス

デジタル大辞泉の解説

墓木(ぼぼく)已(すで)に拱(きょう)す

《「左伝」僖公三二年から》墓に植えた木が一抱えもあるほどの太さに成長している。死後長い年月が経った意に、また、相手を死にぞこないとののしる言葉として用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼぼくすでにきょうす【墓木已に拱す】

〔左氏伝 僖公三十二年
墓木が両手で囲むほどの太さになる。人が死んでから永い年月を経る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

墓木已に拱すの関連キーワード左氏伝墓木

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android