墓木已に拱す(読み)ボボクスデニキョウス

デジタル大辞泉の解説

墓木(ぼぼく)已(すで)に拱(きょう)す

《「左伝」僖公三二年から》墓に植えた木が一抱えもあるほどの太さに成長している。死後長い年月が経った意に、また、相手を死にぞこないとののしる言葉として用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼぼくすでにきょうす【墓木已に拱す】

〔左氏伝 僖公三十二年
墓木が両手で囲むほどの太さになる。人が死んでから永い年月を経る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼぼく【墓木】 已(すで)に拱(きょう)

(「春秋左伝‐僖公三二年」の「爾何知、中寿爾墓之木拱矣」から) 墓上に植えた木がすでに一かかえもあるほどに生長している。原義は、本来ならそうなっているはずだとして、相手を、死に損ない、長生きして邪魔な奴だとののしることば。転じて、実際に死後長い年月を経た意にもいう。
※日本詩史(1771)四「伯玉墓木已拱、遺稿未出」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android