増・優・勝(読み)まさる

精選版 日本国語大辞典「増・優・勝」の解説

まさ・る【増・優・勝】

〘自ラ五(四)〙
[一] () 数量や度合いなどが多くなる。だんだんと増加する。程度・度合いがはなはだしくなる。ふえる。増す。⇔おとる
万葉(8C後)一五・三七八一「旅にして物思(も)ふ時にほととぎすもとな勿(な)鳴きそ吾(あ)が恋麻左流(マサル)
[二] (優・勝) 他と比べて価値、数量などがすぐれている。⇔おとる
① 価値、力量などがすぐれる。程度が上である。他よりもいい状態になる。ひいでる。
※万葉(8C後)五・八〇三「銀も金も玉も何せむに麻佐礼(マサレ)る宝子に及(し)かめやも」
身分、位などが上である。
※平中(965頃)一「先だちてより言ひける男は官まさりて」
年月が先である。年が上である。
源氏(1001‐14頃)明石「よりよはひまさり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android