コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬生国依 みぶの くにより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壬生国依 みぶの-くにより

?-? 奈良時代の豪族。
中央政府兵士が駐屯する陸奥(むつ)の鎮所(宮城県の多賀城)に食糧を献上したことにより,神亀(じんき)元年(724)大伴南淵麻呂(おおともの-みなふちまろ),錦部安麻呂(にしごりの-やすまろ)ら11人とともに外従五位下となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

壬生国依の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android