コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺石 ツボイシ

2件 の用語解説(壺石の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つぼ‐いし【×壺石】

石灰分や鉄分で固化された壺状の団塊。直径5~10センチの球または楕円状で、中空。岐阜県土岐(とき)市に産するものは天然記念物

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つぼいし【壺石】

珍石の一種。球形ないし楕円体で,直径5~10cmの小さい壺のような形をした土塊で,砂がその中につまっている。岐阜県土岐市土岐津町より産出するものは,美濃の壺石といって,天然記念物に指定されている。これは,地層の中で石灰分や鉄分によってかためられた砂や小礫が厚い皮殻をつくり,中空の土塊になったものである。瑞浪地方に分布する鮮新世の土岐砂礫層から産出する。【小林 巌雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone