コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺石 ツボイシ

デジタル大辞泉の解説

つぼ‐いし【×壺石】

石灰分や鉄分で固化された壺状の団塊直径5~10センチの球または楕円状で、中空。岐阜県土岐(とき)市に産するものは天然記念物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つぼいし【壺石】

珍石の一種。球形ないし楕円体で,直径5~10cmの小さい壺のような形をした土塊で,砂がその中につまっている。岐阜県土岐市土岐津町より産出するものは,美濃の壺石といって,天然記念物に指定されている。これは,地層の中で石灰分や鉄分によってかためられた砂や小礫が厚い皮殻をつくり,中空の土塊になったものである。瑞浪地方に分布する鮮新世の土岐砂礫層から産出する。【小林 巌雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

壺石の関連キーワード鳴り石・鳴石土岐(市)坪石・壺石

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android