コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変動利付債 へんどうりつきさいfloating rate bond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変動利付債
へんどうりつきさい
floating rate bond

利付債の利息が確定利付きであるのに対して,利払い期ごとに利息額が変動する債券のこと。変動幅は当時者間の一定の取り決めによる。金利変動の激しいユーロ債市場で発達したもので,国債では超長期国債に変動利付債が発行されており,利息は一定率を加えたものにスライドさせる方式が採られている。ただこの国債は,シンジケート団引受けや一般公募方式ではなく,信託銀行,生命保険会社,農林中央金庫などの特定先に直接発行される私募方式のもので,譲渡制限などの制約が付されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へんどう‐りつきさい【変動利付債】

利率が一定期間ごとに市場実勢金利に連動して変化する債券。→確定利付債

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

変動利付債の関連キーワードフローティング・レート・ノートマルク外債市場ミスマッチ債キャップ債公社債FRN外債

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android