コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変動利付債 へんどうりつきさいfloating rate bond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変動利付債
へんどうりつきさい
floating rate bond

利付債の利息が確定利付きであるのに対して,利払い期ごとに利息額が変動する債券のこと。変動幅は当時者間の一定の取り決めによる。金利変動の激しいユーロ債市場で発達したもので,国債では超長期国債に変動利付債が発行されており,利息は一定率を加えたものにスライドさせる方式が採られている。ただこの国債は,シンジケート団引受けや一般公募方式ではなく,信託銀行,生命保険会社,農林中央金庫などの特定先に直接発行される私募方式のもので,譲渡制限などの制約が付されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

へんどう‐りつきさい【変動利付債】

利率が一定期間ごとに市場実勢金利に連動して変化する債券。→確定利付債

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

変動利付債の関連キーワードフローティング・レート・ノートマルク外債市場ミスマッチ債キャップ債公社債FRN外債

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android