コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変動帯 ヘンドウタイ

3件 の用語解説(変動帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へんどう‐たい【変動帯】

活発な地殻変動火成活動がみられる帯状の地帯。プレートの境界に沿ってみられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へんどうたい【変動帯】

大陸や大洋底を取り巻くように分布し、地殻変動や地震活動が活発に起こっている地帯。その大部分はプレートの境界に沿って分布する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の変動帯の言及

【造山帯】より

…過去に造山運動を経験した地域,および現在造山運動が進行中であると考えられる地域。変動帯,造構帯などの言葉も,ほとんど同じ意味に用いられる。造山帯は幅数百km,長さ数千km程度の規模のものが多く,細長い帯状の地域であって,弧状に湾曲したり,かなり強く屈曲したりしているものもある。…

※「変動帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

変動帯の関連情報