火成活動(読み)カセイカツドウ

デジタル大辞泉の解説

かせい‐かつどう〔クワセイクワツドウ〕【火成活動】

マグマが地表に噴出したり、地殻内に貫入したりすること。それに伴う諸現象を含めていう。火成作用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

火成活動

地下深部で発生したマグマが地殻内を上昇し,地殻内の岩石中に貫入したり,地表に噴出,噴火し冷却固結して火成岩を形成する現象,およびこれに伴われる諸現象.深成活動(plutonism)や火山活動volcanism)などが含まれる.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かせいかつどう【火成活動】

マグマの生成・上昇や火成岩の生成などの諸活動の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android