コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火成活動 カセイカツドウ

デジタル大辞泉の解説

かせい‐かつどう〔クワセイクワツドウ〕【火成活動】

マグマが地表に噴出したり、地殻内に貫入したりすること。それに伴う諸現象を含めていう。火成作用

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

火成活動

地下深部で発生したマグマが地殻内を上昇し,地殻内の岩石中に貫入したり,地表に噴出,噴火し冷却固結して火成岩を形成する現象,およびこれに伴われる諸現象.深成活動(plutonism)や火山活動volcanism)などが含まれる.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かせいかつどう【火成活動】

マグマの生成・上昇や火成岩の生成などの諸活動の総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火成活動の関連キーワード火山‐深成コンプレックスミシシッピ・バレー型鉱床プレート・テクトニクスエル・テニエンテ銅山コルディレラ型花崗岩マントル(地球内部)カルク・アルカリ岩ララミー造山運動ネバダ造山運動オフィオライトホットスポット開析された島弧火山灰編年学佐川造山運動オルドビス紀日高造山運動シュティレウラン鉱床大陸成長説地質構造線

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android