コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変動金利型住宅ローン へんどうきんりがたじゅうたくろーん

1件 の用語解説(変動金利型住宅ローンの意味・用語解説を検索)

不動産用語辞典の解説

変動金利型住宅ローン

住宅ローンの返済中に、経済情勢の変化に連動して金利が変わる方式の住宅融資を「変動金利型住宅ローン」といいます。
金利の基準となるのは短期プライムレートで、民間融資の場合は、年に2回金利の見直しが行われます。
また、返済額は5年に1度改定されますが、金利上昇により返済額が増える場合は前回の返済額の25%を上限としており、
それを超える分はさらに次の5年間で調整されます。経済情勢の変動の影響を受けやすい性質を持っており、
低金利のときに借りた場合は、途中で返済負担が重くなる可能性が高いので注意が必要です。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

変動金利型住宅ローンの関連キーワード元利個人再生住宅ローン減税住宅ローン担保証券住宅ローン保証保険元利均等返済住宅取得促進税制ローン保証料融資返済

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

変動金利型住宅ローンの関連情報