コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変化図 へんかずvariation diagram

岩石学辞典の解説

変化図

火成岩の岩石群の化学組成の変化傾向を知るために,横軸にSiO2を,縦軸にはその他の成分を表した図を変化図(variation diagram)という[Harker : 1909].この図は簡単であるにもかかわらず多くの情報をあたえるので,現在でも広く使用されており,変化図またはハーカー図(Harker diagram)と呼ばれている.しかし成分の変化図はパーセントという比率で表し,さらに化学分析値の合計が100%に近く一定であるために,SiO2量の多い部分では他の成分が少なくなることは避けられない.ハーカー図のような全体の量が一定の数値の比較には数値の取り扱いの上で様々な問題がある[Chayes : 1971].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

変化図の関連キーワードアルカリ石灰指数ラーセンの変化図スパイダー図気候図火成岩定石

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

変化図の関連情報