コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変化身 ヘンゲシン

デジタル大辞泉の解説

へんげ‐しん【変化身】

仏語。仏が衆生を救うために、姿を変えて現した身。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へんげしん【変化身】

〘仏〙 教化・救済のため仮の姿をとって現れた仏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の変化身の言及

【仏身論】より

…大乗仏教になって仏身に関する思索が深まり,中観派の竜樹,さらには瑜伽行派の弥勒(マイトレーヤ),無著世親らの論師たちによって最終的に3種の仏身をたてる〈三身説〉が成立した。三身とは(1)法身(ダルマ・カーヤdharma‐kāya),(2)報身(サンボーガ・カーヤsambhoga‐kāya),(3)応身(化身,ニルマーナ・カーヤnirmāṇa‐kaya)の3種,あるいは(1)自性身(スババーバ・カーヤsvabhāva‐kāya),(2)受用身(サンボーガ・カーヤsambhoga‐kāya),(3)変化身(ニルマーナ・カーヤnirmāṇa‐kāya)の3種をいう。これら三つは論師あるいは宗派によって微妙に解釈を異にするが,前者の三身を略説すると次のごとくである。…

※「変化身」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

変化身の関連キーワード倶利迦羅竜王・俱利迦羅竜王金剛蔵王菩薩十一面観音老子化胡説倶梨迦羅五大明王愛染明王日天子変化土救済神像仏語龍猛化身応身三身教化

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

変化身の関連情報