済度(読み)さいど

精選版 日本国語大辞典「済度」の解説

さい‐ど【済度】

〘名〙
① (「済」はすくう、「度」はわたすの) 語。衆生を生死の苦海から救って、悟りの境地すなわち彼岸に導くこと。煩悩を脱して楽の地に至らせること。
※観智院本唐大和上東征伝(779)「興隆仏法、済度衆生
※平家(13C前)三「三界六道の衆生を普く済度し給へ」 〔法華経‐方便品〕 〔隋書‐高祖帝紀下〕
② 好ましくない境遇から救うこと。
※宇治橋碑(山城常光寺所在)‐大化二年(646)「大化二年、丙午之歳、構立此橋、済度人畜

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「済度」の解説

さい‐ど【済度】

[名](スル)
《「済」は救う、「度」は渡す意》仏語。仏が、迷い苦しんでいる人々を救って、悟りの境地に導くこと。「衆生しゅじょう済度する」
困難や苦労から救うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「済度」の解説

【済度】せいど・さいど

わたす。すくう。〔後漢書、皇后上、和熹皇后紀〕上(かみ)はを欺きて先に愧(は)ぢず、下(しも)は人に(たが)ひて宿心に(そむ)かざらんと欲す。百姓を濟度し、以て劉氏()を安んずるに在り。

字通「済」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android