コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三身 さんしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三身
さんしん

仏の身体に関する3種の見方。大乗仏教の説。法身 (ほっしん) ,報身 (ほうじん) ,応身 (おうじん) の3つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

三身【さんじん】

仏教で仏の本質,顕現の仕方,その働きに対する認識(仏身)の一つ。ことに大乗仏教で説くもので,法身(ほっしん)(永遠不滅の真理で釈迦の本身),報身(ほうじん)(単に永遠の真理でも,無常の人格でもなく,真理を悟った力をもつ人格的仏),応身(おうじん)(衆生救済のため,真理により現世に姿を現した仏)の三つをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さんしん【三身】

〘仏〙 仏の三種類のあり方。
真如そのものである法身ほつしん、修行をして成仏した報身ほうじん、人々の前に出現してくる応身の総称。
法相宗でいう自性身・受用身・変化身の総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三身の言及

【阿弥陀】より

…密教では絶対者の顕現の一つとしてそのパンテオンに組みいれられた。三身trikāya説では報身とされる。観音,勢至を脇侍とする。…

※「三身」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三身の関連キーワード太山寺(兵庫県)三十三観音観世音菩薩観音の本誓毘盧遮那仏三身円満三輪神道三仏菩提白衣観音太山寺仏身論那谷寺法相宗乾闥婆自性身受用身三仏土総称山伏化仏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三身の関連情報