コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏井川渓谷県立自然公園 なついがわけいこくけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夏井川渓谷県立自然公園
なついがわけいこくけんりつしぜんこうえん

福島県南東部,阿武隈高地のほぼ中央部を流れる夏井川の渓谷を中心とする自然公園。いわき市に属する。面積 44.28km2。 1953年指定。花崗岩あるいは花崗閃緑岩から成るため,岩盤が硬く滝や急流が多い。江田駅付近で北方から夏井川に合流する江田川には,奇岩の屹立する背戸峨廊 (せとがろう) がある。近くに,山頂放牧場がある水石山 (735m) と,薬師堂で知られる閼伽井 (あかい) 岳 (605m) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android