コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏井川 なついがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夏井川
なついがわ

福島県南東部を流れる川。全長 62km。阿武隈高地大滝根山 (1192m) 南麓に発し,好間川,新川,仁井田川などを合せて太平洋に注ぐ。中流部の川前から江田の間は高原を開析して峡谷を刻み,江田付近は渓谷美にすぐれる。河水は川前,塩田などで発電,いわき市工業用水に利用される。中流部は夏井川渓谷県立自然公園に,河口周辺は磐城海岸県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なついがわ【夏井川】

福島県南東部を流れる川。阿武隈高地の最高峰大滝根山(1193m)の南斜面,田村郡滝根町神俣(かんまた)地内に源を発して南流し,小野町で右支(うし)夏井川や十石川を合流して南東流する。いわき市川前地区で三坂川を合わせ,小川地区で低地に出,小玉川,好間(よしま)川などを合わせて(たいら)市街地の東部で東流し,太平洋に注ぐ。幹川流路延長67km,全流域面積749km2。阿武隈高地より東流する河川の中では最も長く,流域は田村郡の2町といわき市の北半部を含む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕夏井川(なついがわ)


福島県南東部を流れる川。阿武隈(あぶくま)高地中部の大滝根(おおたきね)山(標高1192m)の南麓(なんろく)に源を発し、南東流していわき市の新舞子(しんまいこ)浜で太平洋に注ぐ。2級河川(夏井川水系)。延長67km。中流部に夏井川渓谷の景勝がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夏井川
なついがわ

福島県南東部を流れて太平洋に注ぐ川。延長67キロメートル。流域面積615.2平方キロメートル。阿武隈(あぶくま)高地最高峰の大滝根(おおたきね)山(1192メートル)南斜面に発し、標高450メートル前後の隆起準平原上をゆっくり流れて梵天(ぼんてん)川、右支(うし)夏井川、十石(といし)川などの支流を集め、JR磐越東線川前(かわまえ)駅(いわき市)付近から下流約15キロメートルは深い峡谷となり、小川郷(おがわごう)駅付近で低地に出て、両側に河岸段丘や谷底平野を発達させながら、いわき市平(たいら)地区の東方で太平洋に入る。浜通りの河川としては最大規模。中流の峡谷部は支流江田(えだ)川沿いの背戸峨廊(せとがろう)とともに夏井川渓谷県立自然公園に指定されている。[中村嘉男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

夏井川の関連キーワード久慈川(岩手県)いわき(市)いわき[市]福島(県)小野(町)小野[町]滝根[町]中田横穴沢村勝為磐城平藩磐越東線閼伽井岳新舞子久慈川磐城平水石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android