コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏斑点病(オーチャードグラス)

1件 の用語解説(夏斑点病(オーチャードグラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

夏斑点病(オーチャードグラス)

2003年夏に北海道で,2006年には栃木で発生した新病害。いずれも野生するオーチャードグラスに発生した。病斑は淡褐色〜褐色,楕円形〜紡錘形,大きさ2〜10×1〜3 mmで,後に融合して葉枯となる。病原菌はライグラス夏斑点病菌,フェスク斑点病菌などと同種。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夏斑点病(オーチャードグラス)の関連キーワード北海道開発庁北海道犬北海道南西沖地震大寿林さびた延岡北海道庁北海道開発の行政組織伊福部 昭

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone