外リンパ(読み)がいリンパ

精選版 日本国語大辞典「外リンパ」の解説

がい‐リンパ グヮイ‥【外リンパ】

〘名〙 (リンパはlympha) 脊椎動物の内耳にある骨迷路と膜迷路との間を満たすリンパ。膜迷路の内部にある内リンパに対していう。音の振動を伝える働きをする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の外リンパの言及

【聴覚】より

…蝸牛は内耳の一部をなすが,そのほかに聴覚に関係するのは,動物が水中から陸上に上がった際に獲得した中耳と,集音のための外耳である。空気中を伝わってきた音波は,外耳で集められ,中耳の鼓膜とこれに続く耳小骨連鎖(哺乳類では,つち骨,きぬた骨,あぶみ骨という3個の耳小骨が関節をつくり,音波の伝播(でんぱ)の能率を高めている)により液体(外リンパ)で満たされた蝸牛へ送り込まれるのである。この機構はH.L.F.vonヘルムホルツにより1863年に明らかにされた。…

※「外リンパ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android