コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外乱 ガイラン

大辞林 第三版の解説

がいらん【外乱】

通信系などに外から加わる不要な信号。雑音あるいは妨害ともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の外乱の言及

【自動制御】より

…サーボ機構は通常追値制御である。制御系の状態を乱そうとする外的作用を外乱という。たとえば,冷蔵庫の場合,物を出し入れすると庫内の温度が上昇するが,これが外乱である。…

※「外乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外乱の関連情報