コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外厩制 がいきゅうせい

知恵蔵の解説

外厩制

通常、競走馬トレーニングセンターや競馬場に設置された厩舎に一定日数以上滞在し、そこで調教されることが出走のための要件となっている。このような制度を内厩制と呼ぶ。一方、2003年よりホッカイドウ競馬で認定厩舎制度がスタートした。この制度では、調教施設やファンへの情報提供などの面で一定の水準を満たす牧場などを事実上の厩舎として運用することができる。これを外厩制と呼び、日本の厩舎制度を変える試みとして注目されている。06年には南関東でも外厩制の導入が決まり、注目を浴びている。

(須田鷹雄 競馬ライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android