外因性窒素

栄養・生化学辞典の解説

外因性窒素

 タンパク質を中心とする体の含窒素成分の代謝によって生成する尿中の窒素化合物内因性窒素というのに対して,食事に由来する尿中の窒素化合物.フォリン(Folin)は,この二つの起源の窒素化合物を区別してタンパク質代謝の二元説を提唱し,内因性尿中窒素の代表的化合物をクレアチニン,外因性尿中窒素の代表的化合物を尿素とした.トレーサー実験ができるようになって,この二つの過程は区別できないことが明らかになったが,二元説は,タンパク質代謝のいくつかの現象をよく説明することから重要な概念となっている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android