コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外因的 がいいんてき exogenetic, exogene, exogenic, exogenous

1件 の用語解説(外因的の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

外因的

地球表面か表面近くの原因で起こる地質過程を意味する語で,この過程によって形成される岩石,鉱床,地形にも使用される[Crook : 1941].広い意味の言葉で異なった意味で使われる.機械的に堆積した砕屑岩中の外来破片に用いられた[Humboldt : 1845, Pettijohn : 1975].グラボウは多くの堆積岩の記載に使用した[Grabau : 1904].大きな火成岩貫入岩体による母岩の変成作用の記述に使用された[Bateman : 1952].反対は内因的(endogenetic)である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外因的の関連キーワード眼球乾燥症地球儀表面波プレート境界地震陸地多尿二次性頭痛食道無ぜん(蠕)動中毒症やせ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外因的の関連情報