外断熱(そとだんねつ)構法(読み)そとだんねつこうほう

知恵蔵の解説

コンクリートのように熱容量の大きな材料の場合、その室外側に断熱層を設けた方が、室内への外気温変動の影響を小さく抑えることができる。この方法を外断熱構法という。日本の住宅では1970年代後半頃から、一般的にグラスウールポリスチレンフォームなどの断熱材が組み込まれるようになった。以降、施工上の容易さもあり、壁体などの室内側にそれらの断熱材を取り付ける内断熱(うちだんねつ)構法が定着した。しかし、近年では欧州などで外断熱構法が普及し、効率のよい断熱法であることから、日本でもその適用を促進しようという動きがある。今後、簡易な施工法の確立や防火上の処理問題、また、バルコニーなどの突起物がある場合の断熱層のとり方など、技術的な課題が研究・改良されて普及していくと予想される。

(松村秀一 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android