コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外断熱(そとだんねつ)構法 そとだんねつこうほう

1件 の用語解説(外断熱(そとだんねつ)構法の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

外断熱(そとだんねつ)構法

コンクリートのように熱容量の大きな材料の場合、その室外側に断熱層を設けた方が、室内への外気温変動の影響を小さく抑えることができる。この方法を外断熱構法という。日本の住宅では1970年代後半頃から、一般的にグラスウールやポリスチレンフォームなどの断熱材が組み込まれるようになった。以降、施工上の容易さもあり、壁体などの室内側にそれらの断熱材を取り付ける内断熱(うちだんねつ)構法が定着した。しかし、近年では欧州などで外断熱構法が普及し、効率のよい断熱法であることから、日本でもその適用を促進しようという動きがある。今後、簡易な施工法の確立や防火上の処理問題、また、バルコニーなどの突起物がある場合の断熱層のとり方など、技術的な課題が研究・改良されて普及していくと予想される。

(松村秀一 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone