外燃機関(読み)ガイネンキカン

大辞林 第三版の解説

がいねんきかん【外燃機関】

燃料を機関本体の外部の燃焼室で燃焼させ、蒸気やガスなどを媒体として動力を得る機関。蒸気機関など。 ⇔ 内燃機関

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がいねん‐きかん グヮイネンキクヮン【外燃機関】

〘名〙 機関本体の外部に燃焼室を設ける機関。蒸気機関など。⇔内燃機関

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android