コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外部量子効率 がいぶりょうしこうりつexternal quantum efficiency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外部量子効率
がいぶりょうしこうりつ
external quantum efficiency

光電変換素子,たとえば半導体レーザー発光ダイオードなどの発光素子あるいはフォトダイオードフォトトランジスタなどの受光素子において用いられる効率を表わす量の一種。発光素子においては,実際に素子外部に放出される単位時間あたりの光量子数と素子に流れる電流すなわち単位時間あたり素子を流れる電子数との比で定義される。他方受光素子の場合には,光照射により外部回路に流れる光電流と照射光の単位時間あたりの光量子数との比で表わされる。これは入力として素子に供給された電流あるいは光量子のうちどれだけが実際に素子外部へ光放出あるいは光電流という形で出力に寄与したかの目安を与えるもので,光電変換素子の性能を示す量として広く用いられており,通常百分率で表わされる。 (→内部量子効率 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

外部量子効率の関連キーワード有機エレクトロルミネセンス用色素