コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多時間理論 タジカンリロン

デジタル大辞泉の解説

たじかん‐りろん【多時間理論】

量子力学特殊相対性理論を結びつける際、空間時間を同等に扱うために、粒子がそれぞれ固有の時間をもつとする理論。英国の物理学者ディラックが提唱。昭和18年(1943)、朝永振一郎は多時間理論を拡張して、空間の各点についてそれぞれ固有の時間を対応させた超多時間理論を発表した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

多時間理論【たじかんりろん】

超多時間理論

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の多時間理論の言及

【相対論的量子力学】より

…狭い意味の相対論的量子力学とはディラック方程式のことを指す。多体系に対しては,相対論における空間と時間の同等性を保つため,ディラックは多時間理論を考えた。すなち各粒子の位置xnに対して時間tnがあり,N個の粒子系の波動関数はxn,tn(n=1,……,N)の関数である。…

【超多時間理論】より

…したがってn個の粒子が存在する場合には,n個の時間を導入することで相対論的に不変な定式化が可能となる。実際,このような理論はP.A.M.ディラックによって構築され(1933),多時間理論と呼ばれる。そのためには,ふつうのシュレーディンガー表示(そこでは波動関数が時間に依存し,物理量としての演算子は時間によらない)から少なくとも放射場に関しての相互作用表示(そこでは放射場は自由な放射場としてマクスウェルの方程式に従う)に移行し,変換されたシュレーディンガー方程式を一般化して各粒子ごとの時間(t1,t2,……,tn)を導入し,t1t2=……tn=tの極限でもとの方程式に一致するようにするのである。…

※「多時間理論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多時間理論の関連キーワード朝永シュウィンガー理論相対論的量子力学シュウィンガー量子電磁力学朝永 振一郎場の量子論素粒子論

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android