コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝永振一郎 ともながしんいちろう

8件 の用語解説(朝永振一郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝永振一郎
ともながしんいちろう

[生]1906.3.31. 東京
[没]1979.7.8. 東京
物理学者京都帝国大学物理学科を卒業 (1929) ,ドイツに留学。東京文理科大学教授 (41) ,東京教育大学教授 (49) ,同大学学長 (56~62) 。 1963~69年日本学術会議会長をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ともなが‐しんいちろう〔‐シンイチラウ〕【朝永振一郎】

[1906~1979]物理学者。東京の生まれ。三十郎の長男。東京教育大学学長。場の量子論において超多時間理論繰り込み理論を発表。量子電磁力学の発展に寄与し、昭和40年(1965)ノーベル物理学賞受賞。パグウォッシュ会議に参加するなど平和運動にも尽力。文化勲章受章。著「量子力学的世界像」「量子力学」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

朝永振一郎【ともながしんいちろう】

物理学者。朝永三十郎の長男。1929年京大卒,湯川秀樹とともに京大助手となる。1932年理化学研究所に移り,仁科芳雄のもとで研究。ドイツに留学しハイゼンベルクに学び,1941年東京文理大(後東京教育大)教授,1956年―1962年同学長,1963年―1969年日本学術会議議長。
→関連項目豊田利幸ノーベル賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝永振一郎 ともなが-しんいちろう

1906-1979 昭和時代の理論物理学者。
明治39年3月31日生まれ。朝永三十郎の長男。昭和7年理化学研究所研究員。12年ドイツへ留学。東京文理大教授となり,31年東京教育大学長。日本学術会議会長。量子力学の分野で,18年超多時間理論,22年くりこみ理論を発表。27年文化勲章。40年ノーベル物理学賞。昭和54年7月8日死去。73歳。東京出身。京都帝大卒。著作に「量子力学」など。
【格言など】食欲と知的な飢えとは同じだ,教育教育といって,あまりご馳走をあたえないほうがいい

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典の解説

朝永振一郎

1906〜1979(明治39年〜昭和54年)【物理学者】くりこみ理論で量子力学の発展に貢献。 ノーベル物理学賞を受賞した。昭和期の物理学者。東京都出身。京大卒。ドイツ留学後、東京文理科大学教授・東京教育大学学長。1949年(昭和39年)湯川秀樹と素粒子共同研究グループを結成。くりこみ理論を発表し、プリンストン高等研究所に入る。1965年ノーベル物理学賞受賞。日本学術会議原子核特別委員会委員長。原水爆禁止と原子力平和利用などを訴え、世界平和アピール7人会に参加した。学士院賞文化勲章・朝日文化賞をうける。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ともながしんいちろう【朝永振一郎】

1906‐79(明治39‐昭和54)
理論物理学者。東京の生れ。父は哲学者朝永三十郎。1929年京都大学理学部を卒業,31年仁科芳雄の京大出張講義聴講のおり認められ,翌年理化学研究所に新設早々の仁科研究室に入った。その年,中性子および陽電子の発見,翌々年,人工放射能の発見と画期的大発見が相次ぎ,原子物理学の新たな躍進が始まったとき,朝永は仁科を助け,後輩たちを指導して,欧米の第一級の学者に伍して数々の理論的研究を成し遂げた。37年日独交換研究生としてライプチヒ大学のW.K.ハイゼンベルクのもとで原子核理論の研究に従事,39年第2次世界大戦勃発にあい引揚船で帰国した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ともながしんいちろう【朝永振一郎】

1906~1979) 理論物理学者。東京生まれ。朝永三十郎の長男。ドイツのハイゼンベルクの下で原子核理論を研究。のち超多時間理論、繰り込み理論を発表し、場の理論の発展に貢献。1965年(昭和40)ノーベル物理学賞受賞。東京教育大学学長。日本学術会議会長。核兵器廃絶を訴え、湯川秀樹・坂田昌一とともに科学者京都会議を生み出した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝永振一郎
ともながしんいちろう
(1906―1979)

理論物理学者。哲学者朝永三十郎の長男として東京に生まれる。1929年(昭和4)京都帝国大学理学部を卒業、1932年理化学研究所研究員となり、1937~1939年ドイツに留学、ライプツィヒ大学のハイゼンベルクのもとで理論物理学を研究した。1941年東京文理科大学(後の東京教育大学)教授となり、1956~1962年(昭和31~37)東京教育大学学長などを歴任し、また日本学術会議会員を3期務め、うち2期は会長に選出された。1965年、量子電気力学基礎研究により、J・シュウィンガー、R・P・ファインマンとともにノーベル物理学賞を受けた。専門は理論物理学、とくに素粒子論であるが、科学行政、科学者の平和運動などでも重要な役割を果たした。
 理論物理学における研究は、素粒子論のほか、原子核の基礎的性質、宇宙線中の中間子の多重発生、量子力学的多体問題など多方面にわたっている。とくに、第二次世界大戦中、当時までの場の量子論が、内容的には相対性理論の要求を満たしていながら、その形式がその要求を明確には満たしていない欠陥を改良するために、空間の各点ごとに異なる時間を考える超多時間形式を考え、これによって、場の量子論は、内容・形式ともに相対性理論の要求を満たしていることがはっきりするようになった。また同じく戦時中に、極超短波磁電管の理論をつくりあげ、この研究によって1948年に学士院賞を受けた。
 戦後、場の量子論に現れる無限大量を研究し、超多時間理論によってそれらの性格を明らかにし、それが、質量・荷電などの観測される値に含まれるべきものであることを示した。この「くりこみ理論」によって量子電気力学と実験との驚くべき一致が明らかにされた。
 飄々(ひょうひょう)たる風格と民主的な人柄で、研究者の意向を集約する中心となり、東京大学原子核研究所の設立、筑波(つくば)の高エネルギー物理学研究所(現、高エネルギー加速器研究機構)の設立準備などに指導的役割を果たした。また、科学者の社会的責任や、物理学とは何であるかなどについて深く考え、1957年第1回パグウォッシュ会議に出席、以後、科学者京都会議の開催に尽力し、また世界平和アピール七人委員会に加わるなど、科学者の平和運動に力を注いだ。公職を退いてからは、量子力学および場の量子論の成立と発展、日本における物理学の成立、とくに量子力学の渡来と素粒子論の発展を歴史的に跡づけ、それらは論文、講演、エッセイなどの形で発表されている。[町田 茂]
『『朝永振一郎著作集』全12巻別巻3(1981~1985/新装版・2001~2002・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の朝永振一郎の言及

【くりこみ理論】より

…場の量子論で,例えば電荷や電子の質量を求める場合,高次の補正を行うとその値が無限大となってしまう。これを発散の困難divergence difficultyといい,発散の困難を防ぐために,第2次世界大戦後まもなく,朝永振一郎,R.ファインマン,J.シェウィンガーによって独立に考案された処法をくりこみ理論という。古典論においてもすでに点電荷としての電子が自分自身に及ぼす力が無限大になってしまうという発散の困難に直面していたが,この困難は本質的な解決をみることなく物理学は量子力学の形成,さらに相対論的量子論の建設へと進んだ。…

【超多時間理論】より

…場の理論を相対論的に表現するための手法。朝永振一郎によって1943年に提出され,J.シュウィンガーによっても独立に拡張されたので朝永=シュウィンガーの理論ともいう。粒子の相対速度が光速cに比べて遅い場合(例えばふつうの原子中の電子の核に対する速度はc×10-5)には,量子力学は非相対論的なシュレーディンガー方程式で十分よく記述される。…

【場の量子論】より

… このころの場の理論は時間を特別扱いにし,相対論的不変性が明らかでなかった。第2次世界大戦中朝永振一郎は超多時間理論により相対論的不変性が明りょうな場の理論を建設した。これを用いて戦後まもなく彼のグループは電子と光子の相互作用を扱う量子電磁力学を展開した。…

※「朝永振一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朝永振一郎の関連キーワードウィグナー実験物理学シュウィンガー数理物理学タムデバイハイゼンベルクベーテ理論物理学ドブロイ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝永振一郎の関連情報