コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多木久米次郎 たき くめじろう

2件 の用語解説(多木久米次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多木久米次郎 たき-くめじろう

1859-1942 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
安政6年5月28日生まれ。明治18年生地の兵庫県別府(べふ)村(加古川市)で,獣骨を原料として,わが国最初の人造肥料を生産。大正7年多木製肥所(現多木化学)を設立,多種の肥料をつくり海外にも輸出,肥料王とよばれる。また別府軽便鉄道をつくった。明治41年衆議院議員(当選6回,政友会)。昭和17年3月15日死去。84歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

多木久米次郎

没年:昭和17(1942)
生年:安政6(1859)
わが国最初の人造肥料製造家。姫路藩領播磨国加古郡別府村(兵庫県加古川市別府町)の地主で魚肥商の多木勝市郎の3男。母はしか。父の死後,20歳で家業を継ぐ。前田正名に傾倒して,農村振興の基礎を安価で良質な肥料に求め,明治23(1890)年に獣骨を原料とした過燐酸肥料の製造を開始した。その後,原料を燐鉱石に変え,更にカリや窒素などの肥料をも製造した。大正7(1918)年には多木製肥所を株式会社多木製肥所に改め,社長に就任。また,村議,県議を経て,明治41年に衆院議員に当選した。5回の当選を重ね,昭和14(1939)年には貴族院議員となった。<参考文献>多木久米次郎伝記編纂会編『多木久米次郎』

(長谷川彰)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

多木久米次郎の関連キーワード光の科学史アフリカ文学軍艦小事典シーボルト難波抱節地向斜マジェンタの戦いの後のイタリア陣営岸沢式佐ミッドウェー[諸島]多木久米次郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone