コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加古川市 かこがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加古川〔市〕
かこがわ

兵庫県南部,加古川下流域にある市。南部は播磨灘に面する。 1950年加古川町と神野 (かんの) ,野口,平岡,尾上 (おのえ) の4村が合体して市制。その後も近隣町村の編入を重ねて市域を拡大,79年には志方町を編入した。中心市街地の加古川は西国街道の宿場町,明治以降は山陽本線と加古川線が交わる交通の要地として発達。北部の穀倉地帯は,米,ムギ,野菜が栽培され,家畜,家禽飼育も盛んであった。南部一帯の工業化は 1896年の毛織物工場,別府 (べふ) への肥料・農具工業の進出に始り,第2次世界大戦後,播磨工業地域の発展に伴い国道2号線沿線や播磨灘沿岸の埋立て地に,鉄鋼,金属,機械,食品などの工場進出が相次ぎ,重化学工業都市となった。 1960年代初めからは東加古川駅北部から神野にかけての台地に大規模な住宅地化が進んだ。加古川の刀田山鶴林寺は聖徳太子ゆかりの天台宗の名刹で,国宝の本堂と太子堂で知られる。尾上の尾上神社はマツの名所。西条の古墳群は史跡。北部の丘陵一帯は,播磨中部丘陵県立自然公園に属する。市域南部を JR山陽本線,国道2号線など幹線鉄道,道路が横断,加古川線が北へ延びる。面積 138.48km2。人口 26万7435(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かこがわ‐し〔かこがは‐〕【加古川市】

加古川

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

加古川市の関連キーワード兵庫県加古川市別府町新野辺北町兵庫県加古川市東神吉町西井ノ口兵庫県加古川市加古川町篠原町兵庫県加古川市加古川町溝之口兵庫県加古川市加古川町美乃利兵庫県加古川市平岡町つつじ野兵庫県加古川市加古川町寺家町兵庫県加古川市加古川町南備後兵庫県加古川市加古川町西河原兵庫県加古川市東神吉町出河原兵庫県加古川市東神吉町天下原兵庫県加古川市平岡町山之上兵庫県加古川市平岡町八反田兵庫県加古川市東神吉町升田兵庫県加古川市八幡町中西条兵庫県加古川市神野町日岡苑兵庫県加古川市八幡町上西条兵庫県加古川市平岡町一色東兵庫県加古川市東神吉町砂部兵庫県加古川市神野町西之山

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加古川市の関連情報