加古川市(読み)かこがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加古川〔市〕
かこがわ

兵庫県南部,加古川下流域にある市。南部は播磨灘に面する。 1950年加古川町と神野 (かんの) ,野口,平岡,尾上 (おのえ) の4村が合体して市制。その後も近隣町村の編入を重ねて市域を拡大,79年には志方町を編入した。中心市街地の加古川は西国街道の宿場町,明治以降は山陽本線と加古川線が交わる交通の要地として発達。北部の穀倉地帯は,米,ムギ,野菜が栽培され,家畜,家禽飼育も盛んであった。南部一帯の工業化は 1896年の毛織物工場,別府 (べふ) への肥料・農具工業の進出に始り,第2次世界大戦後,播磨工業地域の発展に伴い国道2号線沿線や播磨灘沿岸の埋立て地に,鉄鋼,金属,機械,食品などの工場進出が相次ぎ,重化学工業都市となった。 1960年代初めからは東加古川駅北部から神野にかけての台地に大規模な住宅地化が進んだ。加古川の刀田山鶴林寺は聖徳太子ゆかりの天台宗の名刹で,国宝の本堂と太子堂で知られる。尾上の尾上神社はマツの名所。西条の古墳群は史跡。北部の丘陵一帯は,播磨中部丘陵県立自然公園に属する。市域南部を JR山陽本線,国道2号線など幹線鉄道,道路が横断,加古川線が北へ延びる。面積 138.48km2。人口 26万7435(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加古川市の関連情報