コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田智満子 ただ ちまこ

1件 の用語解説(多田智満子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田智満子 ただ-ちまこ

1930-2003 昭和後期-平成時代の詩人,エッセイスト,翻訳家。
昭和5年4月1日生まれ。「たうろす」同人。昭和62-平成14年英知大教授。「花火」「薔薇宇宙」「贋の年代記」などを発表し,昭和55年「蓮喰いびと」で現代詩女流賞,平成10年「川のほとりに」で現代詩花椿賞。13年「長い川のある国」で読売文学賞。歴史や神話の豊富な知識をもとにした知的風格を感じさせる詩がおおい。訳書にユルスナールハドリアヌス帝の回想」,「サン=ジョン・ペルス詩集」,評論に「鏡のテオーリア」など。平成15年1月23日死去。72歳。福岡県出身。慶大卒。本名は加藤智満子。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多田智満子の関連キーワードワールドカップHomeStyle+科学技術喜劇映画フランス映画インターナビ・プレミアムクラブ産業再生法ショーン ペンWAXイワシ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多田智満子の関連情報