多田智満子(読み)ただ ちまこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田智満子 ただ-ちまこ

1930-2003 昭和後期-平成時代の詩人,エッセイスト,翻訳家。
昭和5年4月1日生まれ。「たうろす」同人。昭和62-平成14年英知大教授。「花火」「薔薇宇宙」「贋の年代記」などを発表し,昭和55年「蓮喰いびと」で現代詩女流賞,平成10年「川のほとりに」で現代詩花椿賞。13年「長い川のある国」で読売文学賞。歴史や神話の豊富な知識をもとにした知的風格を感じさせる詩がおおい。訳書ユルスナール「ハドリアヌス帝の回想」,「サン=ジョン・ペルス詩集」,評論に「鏡のテオーリア」など。平成15年1月23日死去。72歳。福岡県出身。慶大卒。本名は加藤智満子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android