多発性筋炎の皮疹

六訂版 家庭医学大全科の解説

多発性筋炎の皮疹
(脳・神経・筋の病気)

 多発性筋炎に皮疹を伴えば、皮膚筋炎(ひふきんえん)と診断されます。

 皮疹として最も有名なものはヘリオトロープ疹です。これは、両側または片側のまぶたに現れる紫紅色の浮腫性紅斑(ふしゅせいこうはん)です。手指関節の背面にみられる紫紅色の扁平丘疹(へんぺいきゅうしん)は、ゴットロン徴候と呼ばれます。また、肘や膝関節の伸側表面の紅斑なども皮膚筋炎に特徴的です。これらの皮疹だけで皮膚筋炎と診断可能です。

 なかには、これらの皮疹だけあって筋症状のない患者さんがみられ、筋生検を行っても異常所見がなく、診断に苦慮することもあります。このような現象は病気の経過の一断面であって、やがては筋症状も発症するものと考えられています。

出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

関連語をあわせて調べる