コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多胡氏 たごうじ

世界大百科事典 第2版の解説

たごうじ【多胡氏】

上野国(群馬県)多胡荘を本拠地とする在地領主。多胡荘の荘域は不明だが,多胡郡(現,多野郡吉井町)に比定される。ここには多胡,多比良神保,長根などの郷村がある。多胡氏は上神保にある式内社辛科(からしな)神社を信仰の紐帯とする新羅系帰化人吉井連(よしいのむらじ)の子孫で,神保氏,多比良氏などと同族関係にあると思われる。《源平盛衰記》に木曾義仲に従った多胡次郎家包の名が見え,《吾妻鏡》には,多胡宗太,宗内,宮内左衛門太郎,宮内左衛門尉などが御家人として登場し,《楠木合戦注文》には多胡宗次跡と見える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android