コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多角決済 たかくけっさいmultilateral settlement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多角決済
たかくけっさい
multilateral settlement

貿易収支尻の決済を多国間の相互決済で行うこと。2国間の清算を行う場合には,入超あるいは出超が一方にかたより,縮小均衡に陥るおそれがある。多角決済はこのような弊害を除去しようとするもので,第2次世界大戦直後ヨーロッパの 18ヵ国で結ばれたヨーロッパ決済同盟 EPUはその一例である。なお EPUは 1958年末に西ヨーロッパ通貨が交換性を回復するに伴って解散し,ヨーロッパ通貨協定 EMAに引継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たかくけっさい【多角決済】

三国以上の間で行われる貿易の代金決済。多数の国全体で収支の均衡をはかる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

多角決済の関連キーワード社会主義国際分業振替ルーブル通貨交換性ルーブル均衡貿易

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android