コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜の梅

2件 の用語解説(夜の梅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

夜の梅

東京都港区赤坂に本店を置く和菓子店、虎屋が製造・販売する小倉羊羹。羊羹の切り口にのぞく小豆を、夜の闇の中で咲く梅の花に見立てて命名された。1819年発売。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

よるのうめ【夜の梅】

みつ漬けのあずきをところどころに散らした練りようかん。◇切り口のあずきの粒を、夜の闇にほの白く咲く梅の花に見立ててこの名があるとされる。東京・赤坂に本店のある和菓子店「虎屋」の登録商標だが、大阪市に本店のある和菓子店「鶴屋八幡」と和歌山市に本店のある和菓子店「総本家駿河屋」にも同名のものがある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夜の梅の関連キーワード御目出糖氷梅散らし太鼓鏤める所所紛れ所紋散らし仕所焼軸コロドラゴン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夜の梅の関連情報