夜久野塩基性岩類(読み)やくのえんきせいがんるい(英語表記)Yakuno basic rocks

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜久野塩基性岩類
やくのえんきせいがんるい
Yakuno basic rocks

京都府舞鶴(まいづる)地方から広島県福山地方にかけて分布する舞鶴帯に分布している閃緑(せんりょく)岩や斑糲(はんれい)岩などの岩類。その多くは古生代ペルム紀(二畳紀)までに貫入したと推定されている。舞鶴帯には本岩類のほかに、超塩基性岩、流紋岩質岩(珪長(けいちょう)岩など)なども分布しており、これらと本岩類をあわせて夜久野複合岩類、または夜久野貫入岩類とよぶことがある。夜久野複合岩類はオフィオライトを構成すると考えられているが、海外で報告されているものと異なり、珪長質岩石を伴うという特徴をもつ。夜久野は京都府福知山市西端の地名である。[吉田鎮男・村田明広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android