夜遊(読み)ヤユウ

大辞林 第三版の解説

やゆう【夜遊】

夜遊びを楽しむこと。また、その時に奏する音楽。 善哉ぜんざいなれや善哉なれと、-を奏して舞ひ給ふ/謡曲・輪蔵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐ゆう ‥イウ【夜遊】

〘名〙
① 夜、遊び楽しむこと。夜の遊宴。
※菅家文草(900頃)五・賦晴霄将見月「雲断星稀縦夜遊、料知漁父掉孤舟
※和漢朗詠(1018頃)上「夜遊の人は尋ね来ってらんとす 寒食の家には折り得て驚くべし〈源順〉」 〔曹丕‐与呉質書〕
※謡曲・輪蔵(1541頃)「夜遊を奏して、舞ひ給ふ」

よ‐あそび【夜遊】

〘名〙 夜、遊ぶこと。夜に遊び歩くこと。特に、夜、遊里などで遊ぶこと。また、その遊び。やゆう。〔文明本節用集(室町中)〕
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一一「奥さんの御有りるのに、夜遊びはおやめたがええぞなもし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜遊の関連情報