夢市郎兵衛(読み)ゆめの いちろべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

夢市郎兵衛 ゆめの-いちろべえ

?-? 江戸時代前期の侠客(きょうかく)。
放駒四郎兵衛の弟。江戸日本橋にすみ,寛永-正保(しょうほ)(1624-48)のころに活躍。力士明石志賀之(あかし-しがのすけ)の後見人になったり,吉原喧嘩(けんか)を大見得をきってしずめたりして世に知られたという。本名は深野茂兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆめ‐の‐いちろべえ ‥いちロベヱ【夢市郎兵衛】

江戸前期の侠客。仁侠の名高く、力士明石志賀之助の親友。後年出家し祐生と改名したといわれるが、伝説的人物。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android