コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大中臣伊度人 おおなかとみの いとひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中臣伊度人 おおなかとみの-いとひと

?-? 平安時代前期の官吏。
中臣逸志(いちし)の子。木工寮(もくりょう)につとめる。貞観(じょうがん)8年(866)焼失した応天門の再建にもちいる木材の調達のため丹波に派遣された。元慶(がんぎょう)元年中臣から改姓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大中臣伊度人の関連キーワード中臣逸志大中臣氏

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android