コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大中臣伊度人 おおなかとみの いとひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中臣伊度人 おおなかとみの-いとひと

?-? 平安時代前期の官吏。
中臣逸志(いちし)の子。木工寮(もくりょう)につとめる。貞観(じょうがん)8年(866)焼失した応天門の再建にもちいる木材の調達のため丹波に派遣された。元慶(がんぎょう)元年中臣から改姓。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大中臣伊度人の関連キーワード中臣逸志大中臣氏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android