調達(読み)ちょうたつ

精選版 日本国語大辞典「調達」の解説

ちょう‐たつ テウ‥【調達】

〘名〙 (「ちょうだつ」とも)
① ととのえ送ること。注文通りに品物をあつらえ送り届けること。調進。〔日葡辞書(1603‐04)〕
金品をとりそろえること。金を工面して集めること。
※役者論語(1776)賢外集「早速先方より調達(テウタツ)して手代持参しける時に」

ちょうだつ テウダツ【調達】

(「調婆達多」の。「ぢょうだつ」とも) 釈迦従弟で、釈迦に敵対した悪比丘教団和合を破り、を傷つけ、比丘尼を殺すなど、三逆罪を犯し、そのために生きながら地獄におちたといわれる。提婆達多。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「調達」の解説

ちょう‐たつ〔テウ‐〕【調達】

[名](スル)《「ちょうだつ」とも》必要な金品などを取りそろえること。また、取りそろえて届けること。「資金の調達」「資材調達する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「調達」の解説

【調達】ちよう(てう)たつ

ととのい通ずる。〔詩品、上〕(の黄門侍郎張協)巧みに形似のふること、潘岳よりもに、太沖左思)よりも靡(うるは)し。風し、實に曠代(くわうだい)の高手なり。

字通「調」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android