コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保彦三郎 おおくぼ ひこさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保彦三郎 おおくぼ-ひこさぶろう

1859-1907 明治時代の教育者。
安政6年8月16日生まれ。大久保諶之丞(じんのじょう)の弟。明治17年愛媛県財田上(さいたかみ)村(現香川県財田町)の自宅に忠誠塾をひらく。のち京都に移転し,尽誠舎(現尽誠学園高)と改称した。28年香川県四条村(満濃町)に再興し,32年善通寺にうつした。明治40年7月19日死去。49歳。二松学舎卒。号は剛石,在我堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大久保彦三郎の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ビラフランカの和議余計者光の科学史メンデレーエフ新聞小説複成片麻岩内褶曲カラジアーレウェブスター(Ben Webster)久原躬弦

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android