コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保諶之丞 おおくぼ じんのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保諶之丞 おおくぼ-じんのじょう

1849-1891 明治時代の政治家。
嘉永(かえい)2年8月16日生まれ。讃岐(さぬき)三野郡財田上村(香川県三豊郡財田町)の出身。讃岐,高知をむすぶ四国新道(しんみち)構想をたて同志と運動,明治19年から四国3県共同事業として着工させる。21年から愛媛,香川の県議。多度津港整備や北海道移住などにも私財を投じた。明治24年12月14日死去。43歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大久保諶之丞の関連キーワード大久保彦三郎明治時代猪鼻峠嘉永

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android