コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保漣々(1) おおくぼ れんれん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保漣々(1) おおくぼ-れんれん

1798-1858 江戸時代後期の俳人。
寛政10年生まれ。江戸の人。三卿のひとつ清水家につかえる。去来庵雪明,藤垣炉扇に師事し,花墻(はながき)漣々と号した。編著に「誹諧白雄夜話(はいかいしらおやわ)」「季寄便覧」などがある。安政5年7月死去。61歳。名は忠善。通称は伊三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大久保漣々(1)の関連キーワードケクレヘルウェティア共和国日本の医学史(年表)安政の大獄ゴルチャコフフェリス目黒道琢オファイトアラブ文学ケンタッキー・バージニア決議

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android