コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールリジ

百科事典マイペディアの解説

コールリジ

英国の詩人,批評家。友人ワーズワースとの共著《抒情歌謡集》(1798年)に幻想的物語詩《老水夫行》を発表,《クブラ・カーン》《クリスタベル》などの名作とともに,ロマン派を代表する新しい戦慄(せんりつ)を創造した。
→関連項目サウジーシェークスピアハズリットハムレットピーコックペシミズムロマン主義

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コールリジ【Samuel Taylor Coleridge】

1772‐1834
イギリスの詩人,批評家。ワーズワースとともにイギリス・ロマン主義文学の原動力となり,その神秘的・幻想的な詩の創作や,プラトニズムやドイツ観念論に基づく文学理論の確立でユニークな存在である。デボンシャーの村の牧師の14人兄弟の末子として生まれ,子供のころから夢みがちな感受性の強い子であった。クライスツ・ホスピタル校を経て,ケンブリッジ大学に入学。将来を嘱目されながらも,情緒不安定のため中退した。フランス革命を支持する急進主義にかぶれたり,1794年にはR.サウジーとともに北アメリカに〈理想平等社会pantisocracy〉の建設を夢みたが失敗した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコールリジの言及

【韻律】より

… 以上述べたような韻律法の知識は19世紀までは,厳守されなかったにしても,認められていた。コールリジは,《クリスタベル》という詩を新しい規則の上に組み立てた。それは行あるいは音歩のシラブルの数は異なるが,アクセントは各音歩に一つ,各行に四つあるので,規則正しい律動を保っていると主張している。…

【湖畔詩人】より

…彼の代表作の多くは,1799年末から1806年まで居を構えたグラースミアのダブ・コティッジで書かれた。その北方十数マイルのケジックにあるグリータ・ホールには1800年から04年まで僚友コールリジが,また03年から43年までR.サウジーが住まった。〈湖畔詩人〉の呼称はこの3人に対して,《エジンバラ・レビュー》(1817年8月)が軽蔑的に与えたものである。…

【シェークスピア】より

…しかし,その後のロマン主義は一転して彼を深遠な哲学者,天才的な詩人として祭り上げることになった。このようなロマン主義批評はイギリスでは詩人批評家のS.T.コールリジによって先鞭をつけられるが,シェークスピアはヨーロッパとくにドイツにおいても偶像視されるようになる。ロマン主義批評は《シェークスピアの悲劇》(1904)の著者A.C.ブラッドリーによって集大成された。…

【抒情歌謡集】より

…イギリス・ロマン派の詩人ワーズワースおよびコールリジの共著。初版1798年,再版1800年,第3版02年。…

【トランセンデンタリズム】より

…彼らの討論会が〈超越クラブTranscendental Club〉と報道され,この言葉が彼らの思想の名称となった。超越という言葉はカント哲学に由来し,したがって広くドイツ観念論哲学に関係するが,エマソンらのグループではヘッジだけが直接ドイツ観念論に通じており,他はイギリスのS.T.コールリジとT.カーライルの文章を通して観念論に接した。超越主義は悟性や経験を超越して直観によって真理を把握すべきであるという主張を基盤としていた。…

【百科事典】より

…これら19世紀以降の百科事典は,富裕な都市市民の購買力を期待しうるところから,巻数は増加し,フランスの《大百科事典La Grande Encyclopédie》(1886‐1902)のように31巻を数えるものまで現れた。また,この時期にあっては,S.T.コールリジのプランによった《メトロポリターナ百科事典Encyclopaedia Metropolitana》29巻(1817‐45)がその体系性のゆえに注目される。当初の意図どおりには進行しなかったとはいえ,歴史家のE.ギボンら,当時の代表的文筆家を総動員する記念碑的百科事典をめざしたものであった。…

【ファンタジー】より

…元来文学とは,そのような非日常を創りだす装置の一例であり,音楽の幻想曲と同様に奔放な夢想を自由に遊ばせたロマンスや風刺劇,たとえばJ.バニヤンの《天路歴程》やシェークスピアの《夏の夜の夢》などにその機能がすでに認められていた。そして18世紀末にコールリジが出て,これら幻想物語を読む上の作法を理論化し,〈不信状態の意図的停止〉を提唱した時点からファンタジーの文学的意義は確定したといえる。物語の架空性を,絵空事(えそらごと)と批判するのではなく,読書中には現実の諸原理に代わって物語を秩序立てるルールとみなし,積極的にその寓意を探ろうとする姿勢がそれである。…

【ペシミズム】より

…bonus(良い)の最上級optimumから造られたオプティミズム(楽天主義)と対をなす。18世紀初頭にライプニッツが,およそ可能なあらゆる世界のうち,ただ一つ神によって現実化されたこの世界は,最も良い世界だと主張し,その思想がオプティミズムと呼ばれたが,それにならって,19世紀初頭にイギリスのコールリジが物ごとの〈最悪の状態〉を指すためにpessimismという言葉を造った。 しかし,やがて1819年にショーペンハウアーの《意志と表象としての世界》が出されると,この語はもっぱらそこで説かれているような厭世的な世界観,人生観を指すために使われるようになる。…

【老水夫行】より

…イギリスの詩人S.T.コールリジの代表作。ワーズワースとの共著《抒情歌謡集》初版(1798)の巻頭を飾り,2巻本再版の巻末に置かれた。…

【ロマン主義】より

…この系譜の中からは,激変する社会の現実と自己の存在との乖離(かいり)を感じ,愛に満たされず何かを求め続け現実から逃避していく〈世紀病mal du siècle〉を病んだロマン派的魂の典型が浮かび上がる。 イギリスにおけるロマン主義は,1800年ころにワーズワースとコールリジを中心に提唱され,1810年から20年にかけてバイロン,シェリー,キーツ,あるいはブレークらの詩人の登場によって頂点を迎えた。個々の作家はロマン主義的な思想と主題とを豊かに展開しているとはいえ,ロマン派としての運動体を形成することはなかった。…

※「コールリジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コールリジの関連キーワードオックスフォード英語辞典レーク・ディストリクトウィンダミア[湖]ド・クインシーバルビエモーリスキーンモアラム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android