大乗荘厳経論(読み)だいじょうしょうごんきょうろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大乗荘厳経論
だいじょうしょうごんきょうろん

4世紀にインドの唯識説の立場から書かれた大乗仏教概論。著者は弥勒と考えられるが,伝統的には無着とされている。 13巻。サンスクリット原文もあるが,漢訳は中国,唐時代の波羅頗伽羅蜜多羅 Prabhākaramitraの訳。瑜伽十支論の一つ。菩薩の発心や修行などを説いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android