無着(読み)むじゃく(英語表記)Asaṅga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「無着」の解説

無着
むじゃく
Asaṅga

[生]310頃. ガンダーラ,プルシャプラ
[]390頃
インド仏教の唯識学派の学者。サンスクリット語アサンガの訳で無とも書く。世親。初め出家して上座部仏教を学んだが悟りを得ることができず,一時は自殺をすら決意した。のちにマイトレーヤ (弥勒弥勒菩薩とは別) の教えを受けて唯識説を教示され,それを組織的に論述し,インド仏教思想史上,きわめて重要な位置を占める。主著摂大乗論』『六門教授習定論』『順中論』『金剛般若経論』『顕揚聖教論』『大乗阿毘達磨集論』など。奈良,興福寺運慶作の無着菩薩立像がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「無着」の解説

むじゃく【無着/無著】[人名]

《〈Asaṅgaの訳》[310~390ころ]インドの大乗仏教の論師。世親の兄。ガンダーラの人。初め小乗であったが、弥勒みろくから空観くうがんを学んで大乗に転じ、瑜伽ゆが行・唯識説を大成した。著「摂大乗論」「金剛般若論」「順中論」など。無著菩薩。阿僧伽あそうぎゃ

む‐じゃく〔‐ヂヤク〕【無着/無著】

仏語執着のないこと。無執むしゅう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「無着」の解説

む‐じゃく ‥ヂャク【無着】

〘名〙 仏語。執着のないこと。無執。
※貞享版沙石集(1283)九「空といふは、無著の心、万法の不可得の理を達する姿なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android