コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無着 むじゃく Asanˈga

5件 の用語解説(無着の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無着
むじゃく
Asanˈga

[生]310頃.ガンダーラプルシャプラ
[没]390頃
インド仏教の唯識学派の学者。サンスクリット語アサンガの訳で無著とも書く。世親の兄。初め出家して上座部仏教を学んだが悟りを得ることができず,一時は自殺をすら決意した。のちにマイトレーヤ (弥勒。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

む‐じゃく〔‐ヂヤク〕【無着/無著】

仏語。執着のないこと。無執(むしゅう)。

むじゃく【無着/無著】[人名]

《〈梵〉Asaṅgaの訳》[310~390ころ]インド大乗仏教の論師。世親の兄。ガンダーラの人。初め小乗の僧であったが、弥勒(みろく)から空観(くうがん)を学んで大乗に転じ、瑜伽(ゆが)行・唯識説を大成した。著「摂大乗論」「金剛般若論」「順中論」など。無著菩薩。阿僧伽(あそうぎゃ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むじゃく【無着】

〘仏〙 執着しないこと。無執。

むじゃく【無着】

Asanṅga〕 (310頃~390頃) インド大乗仏教の論師。世親せしんの兄。北インドのガンダーラ出身。初め上座部(小乗)系の化地部けじぶの僧であったが、弥勒みろく(マイトレーヤ)の教えを受けて大乗に転じ、唯識説を体系化した。著「摂大乗論」「金剛般若経論」「順中論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無着の関連キーワード五陰阿鼻難陀凡・梵・煩・盆阿毘羅吽欠蘇婆訶刹土浮屠摩哆

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無着の関連情報