コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無着 むじゃくAsaṅga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無着
むじゃく
Asaṅga

[生]310頃. ガンダーラ,プルシャプラ
[没]390頃
インド仏教の唯識学派の学者。サンスクリット語アサンガの訳で無著とも書く。世親の兄。初め出家して上座部仏教を学んだが悟りを得ることができず,一時は自殺をすら決意した。のちにマイトレーヤ (弥勒弥勒菩薩とは別) の教えを受けて唯識説を教示され,それを組織的に論述し,インド仏教思想史上,きわめて重要な位置を占める。主著摂大乗論』『六門教授習定論』『順中論』『金剛般若経論』『顕揚聖教論』『大乗阿毘達磨集論』など。奈良,興福寺運慶作の無着菩薩立像がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

む‐じゃく〔‐ヂヤク〕【無着/無著】

仏語。執着のないこと。無執(むしゅう)。

むじゃく【無着/無著】[人名]

《〈梵〉Asaṅgaの訳》[310~390ころ]インドの大乗仏教の論師。世親の兄。ガンダーラの人。初め小乗の僧であったが、弥勒(みろく)から空観(くうがん)を学んで大乗に転じ、瑜伽(ゆが)行・唯識説を大成した。著「摂大乗論」「金剛般若論」「順中論」など。無著菩薩。阿僧伽(あそうぎゃ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むじゃく【無着】

〘仏〙 執着しないこと。無執。

むじゃく【無着】

Asanṅga〕 (310頃~390頃) インド大乗仏教の論師。世親せしんの兄。北インドのガンダーラ出身。初め上座部(小乗)系の化地部けじぶの僧であったが、弥勒みろく(マイトレーヤ)の教えを受けて大乗に転じ、唯識説を体系化した。著「摂大乗論」「金剛般若経論」「順中論」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

無着の関連キーワード泡マイルドトリートメントインシャンプー 愛犬用のみとりリンスインシャンプーQuick & Richナチュラルジャーキーこども電話相談室金剛般若波羅蜜経究竟一乗宝性論無着・世親像弁中辺論述記生活記録運動大乗荘厳経論佐藤藤三郎須藤 克三無着陸飛行瑜伽師地論山びこ学校無外如大佐野眞一ぴょん太関川夏央

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無着の関連情報